HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>バイク

エアクリーナー交換

ここ最近、アイドリングが少々安定せず、たまにエンストする症状が起きていたので、
原因のひとつであろうエアクリーナーを交換してみました。
スパーダの場合、ビスカス式といって清掃が出来ないタイプです
まず用意するのは新品のVTR純正エアクリーナー
そうです、スパーダ純正は廃盤なのですw
でも部品番号が少し違うだけで、メーカー認定のれっきとした互換品なのです。
部品番号は17210-KFK-630です。

では交換作業に入りましょう。
スパーダのようなV型エンジン車はたいていエンジンの真上に
エアクリーナーBOXがあると思います。
なので少々面倒ですが、タンクを外します。
まずはフューエルコックをOFFにします。
ノスタルジックカーショウ 001
12のメガネ等でボルトを外します。
そうしたらタンクの後ろ側を少し持ち上げて、
厚みのあるものを挟みます 
ノスタルジックカーショウ 002 
自分はオワコン筆頭VHSのケースで持ち上げましたw
もう少し厚みがあっても良いかも?
こうすることでホース類の脱着が容易になります。
ノスタルジックカーショウ 003
写真の矢印で示している太いほうがフューエルホース、
細いほうがバキュームホース、外すのはこの二本。
バキュームはクリップをずらせば簡単にとれますが、
フューエルホースは抜けにくいのでマイナスドライバー等でずらします。
ホースを切らないよう注意
作業時、少しだけガソリンが垂れるので心配な方はウエスで養生するなどして下さい

ノスタルジックカーショウ 004
ホースを取ったらあとはタンク前方はツメで引っかかっているだけなので
慎重にずらせば外れます。
地面に置く場合はダンボール必須!
こうしてやっとエアクリーナーBOXがお目見えです。
これも外せばキャブ等の整備も容易ですね
上蓋は+ビスで付いてるのでドライバーで外れます。
外したらエアクリーナーに到着です
ノスタルジックカーショウ 005

ノスタルジックカーショウ
左が元々付いていたエアクリ、右が新品
こうして並べると一目両全ですね^^;
これを見ても形状的にほぼ同じであることがわかります。
恐らく新車時から一回も交換してないんじゃないかな。
あとは逆の手順でタンク等を戻せば完了です。

エンジン掛けてアイドリングさせるとだいぶ安定しました。
ついでにオイル点検したら真っ黒だったんでこっちも交換が必要そうですねw
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://yuiazu0119.blog9.fc2.com/tb.php/104-20970b6a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。